高齢出産とリスク ダウン症等

スポンサードリンク

高齢出産は、35歳以上または40歳以上の女性が、1子や2子に関わらず出産することを言います。国内の統計によると高齢出産の比率が高くなっており、35歳以上の出産は全体の16%(2005年の調べ)にもなります。また、40歳以上の出産も2万人を超えています。高齢出産は、女性の年齢だけが言われますが、男性側の年齢にも関係します。やはり年齢が高くなると、高齢妊娠のリスクが高くなります。また女性においても、30歳を超えると高齢分娩のリスクが高くなり、35歳や40歳などの年齢は一つの目安と言われます。高齢出産で第一子出産の場合は、通常に比べてリスクが高くなります。母体が危険になったり、生まれてくる子供に染色体異常などの障害があることもみられます。ダウン症候群としても知られていますが、たとえば父親が20代に比べて50代だと3.2倍になるといわれています。高齢出産が増えてきていることは、有名人にも多く見られます。

高齢出産の現在と芸能人

高齢出産とは、WHOなど世界的に広く使われている言葉で、初産かどうかに関わらず40歳以上での出産を言います。高齢出産は、女性の社会進出などにともない、統計的にも多くなってきていることが報告されています。さらに、少子化にもつながっています。高齢出産は、35歳や40歳などとはっきりした年齢区分があるわけではなく、出産のリスクが30歳を超えた頃から徐々に高まっていくと考えられています。また、高齢妊娠のリスクや高齢分娩のリスクが若い年代に比べ高くなると言われています。高齢出産のリスクとしては、卵子の質が加齢と共に劣化し、妊娠しても、染色体異常などが起こりやすくなる、新生児のダウン症の発症率が増加する、などがあります。また、分娩に関しても母子共に危険度が増し、流産や早産の可能性も高くなります。最近では有名人や女優などでも高齢出産するケースが増えています。女優の田中美佐子さんは43歳で出産し、江角マキコさんは38歳、財前直見さんは40歳、兵藤ゆきさんは46歳、黒木瞳さんは38歳、秋野暢子さんは36歳など、芸能人の高齢出産が話題になりました。イラストレーターでもある石川三千花さんは、45歳で双子の男児を初出産しました。元女子アナウンサーの小島奈津子さんは37歳、同じく宮田佳代子さんは36歳で第一子を出産しました。

高齢出産の真実 ダウン症他リスクと芸能人の高齢出産

スポンサードリンク

高齢出産の真実 ダウン症他リスクと芸能人の高齢出産

高齢出産は女性の社会進出に伴い増加傾向にあります。しかし、ダウン症や母体にも負担がかかるなど、リスクを伴う事は事実です。高齢出産に関する最新情報や高齢出産の芸能人に関する情報等、さまざまな視点からお伝えしていきたいと思います。